2015年☆トレンド情報のお知らせ!

トレンドは、繰り返すモノと常日頃感じて居ますが、今回は70年代に見る懐かしいファッションを、斬新且つ個性重視な、コレクションにて発表されています。

花壇の通路をランウェイに見立てて歩くのは、ヒッピースタイルのモデル。

シックリ来て居る為、その頃有ったのかなと思わせるが、今正にとても新鮮に写るパッチワークを取り入れたデニムベストとセットアップしたパンツです。

ポリスキャップと共にコーデされ、ハンサムでロッカーっぽく、とてもイカシてます。

色の配置でカラフルに見えますし、ショート丈でベルトが見えるのも、スタイリッシュです。

ブランドはトミーヒルフィガーです。

ヒッピーの次は、レトロモダンのマストハブ図鑑と称されるパンプスシューズで、爪先ロゴで分かるシャネルより賑々しく登場。

脇が涼しく開いてるので、角度によって爽やかに感じます。

先がブラックの二色使いのメンズシューズは、キザっぽく感じますが、パンプスに変身すると逆に見え隠れする素足がセクシー。

違う自分を演出してみたら、全てに於いて一歩前進出来るかも。

ブラックミニドレスでイブニングパーティーに如何でしょう。

鳥の羽根を巻き付けたイメージの、民族衣装を思わせるボヘミアンファッションです。

肩から下った腕のようなモチーフは、デザイナーの遊び心を掻き立てた表れとも感じます。

意外にもグッチによる2015春夏コレクションとの事。

型にハマらないフリーな感覚は新鮮で、作り出す楽しさを提供してる気がします。

最後は、一見インディアーナイメージのボヘミアンティーストです。

イザコレクションのブレスレットで、ゴールドを中心にストーンやメレダイヤなどでゴージャスの極みです。

頭に、ペリカンのような鳥が後ろ向きにあしらわれてるのが、分かりますでしょうか。

ブレスと云うより幅広のバングルで、野外で見るともっと光輝く事でしょう。

ゴールドの価値と、デザインが緻密でノヴェルなのが、貴重な逸品に感じます。

日付は順不動で1970~1990年頃流行を、現代のデザイナーに依って新しく蘇った作品で、全て2015年にアップされた湯気ホヤのプチプラファッションばかりです。

This entry was posted in マイブログ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.