車買取とローンについて

車を買取してもらい際に、一番問題になってきてしまうのが自動車ローンです。

自動車ローンが残ってしまうのか、それとも完済することができるのかによってすんなり売れるのかどうかが決まってきてしまいます。

ローンが残ってしまうようならすんなり売ることができなくて、場合によって売れなくなります。

ではなぜローンが大きく関係してきてしまうのでしょうか。

自動車ローンをして購入をする際のほとんどが、使用車は自分だけれども所有者はローン会社になります。

車の売買をした後に絶対に必要としているのが名義変更で、これが買取とローンの関係を大きくしています。

名義変更はどんな状態でも可能としているわけではありません。

名義変更は所有をしている人が許可をしてくれないとできないようになっていますし、税金の支払をしていないとできません。

税金に関してはここでは問題になりませんが、しかし所有者の許可が大きな問題です。

ローン会社が所有者になっていると、ローン会社が名義変更をしてもよいとOKをしてくれなければできません。

ローン会社でOKをしてくれる条件としているのが完済することだけです。

完済しなければほとんどの会社がOKを出してくれませんので、名義変更ができない車となってしまいます。

買取店では名義変更できない車に関しては買取不可能としています。

ですので買取の金額でもローン完済ができなければその段階では買取をしてもらえません。

ただ絶対に買取をしてくれないわけではなく、解決できる方法ができればOKとなります。

その解決できる方法になるのが、お客様本人が完済をしてくれること、そしてもう一つは新たにローンを組んでそのお金で完済する方法です。

このどちらかができると売れるようになるのですが、しかしどちらの方法もかなり大変です。

ローンを組むのが簡単だと感じますが、しかし新たにローンすることは難しくなかなか審査が通ってくれないことが多いです。

ですの本格的に売ろうとしているのなら、まずローン状況がどうなのかを判断して、完済できるかどうかを判断してから買取検討をしましょう。新車を買取して欲しい場合のポイントとはにもあるように査定の際に気を付けたいポイントを紹介している記事もありますので色々参考にしながら車を手放すかどうかを考えてみるのもいいと思います。

This entry was posted in マイブログ. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.

Comments are closed.